HOME > Staff Blog > KIMIDORIでできるカラーのタイプを簡単に箇条書きでご紹介。

Staff Blog

< なんでもっと早く教えてくれなかったの?って言われてしまいました。  |  一覧へ戻る  |  傷んだ髪は元には戻らない。 >

KIMIDORIでできるカラーのタイプを簡単に箇条書きでご紹介。

今回のお話は
KIMIDORIってどんなところ?

初めて行ってみようかな?

なんて思ってるあなたが

KIMIDORIのメニューを見て
カラーにいろいろ種類があるけど

何が違うの?

を簡単に紹介していきます。


まず、KIMIDORIのホームページに
載っているカラーのメニューを

ずらっと並べていきますね。

①カラーリング

②オーガニックカラー

③ハーブカラー

④ヘアマニキュア 

⑤リタッチ 

⑥ローライトorハイライト 

⑦ピンポイントグレイカラーハーフ 

⑧ピンポイントグレイカラーフルヘッド

⑨ポイントグレイカラー

以上9種類ございます。


自分で言ってしまいますが
何が何だか分かりづらいですね~。


なので、

①番から簡単に
良いとこ悪いところを含め

特徴を紹介していきますね。


①カラーリング

 ・美容室で髪を染める場合、
  一番良く使われるヘアカラー

 〇髪の毛の色を明るく茶色にできます。

 〇白髪も染まります。

 ×髪が傷みます。

 

②オーガニックカラー

 ・カラーリングと同じタイプのカラーです。

 〇カラーリングとの違いは
  刺激が少なくできているので
  しみづらくなっています。
  (個人差はあります。)

 〇カラー後のにおいが少ない。

 〇カラーリングより髪のダメージは少ない。

 ×色味が強くでづらい。
  (アッシュ・マット・赤などが
   濃くはならない。)



③ハーブカラー
 
 〇髪にダメージはない。

 〇白髪は染まる

 〇白髪が他のヘアカラーより
  黒髪風に自然な色に染まる。

 〇茶色くしたくはないけど、
  白髪は気になる男性にもおすすめ。

 〇においがない。

 ×髪が茶色く明るくはならない。

 

④ヘアマニキュア

 〇髪にダメージはない。

 〇白髪は染まる

 ×髪が茶色く明るくはならない。

 ×お肌に付くと色が取れなくなるので、
  頭皮のギリギリからしか染められない。

 ×家でのシャンプーで色落ちする。
  (バスタオルなどに色が付く時がある。)


⑤リタッチ
 
 ・新しく生えてきた部分だけ
  前回と同じ色で染める方法

 ・どのカラーでも可能な施術方法

 〇カラーリング・オーガニックカラーでは
  全体を染めるより髪のダメージは
  少なくて済む。
 


⑥ローライトorハイライト
  
 ・髪を細かい線状に染めていく方法

 ・線の太さはそうめんくらいから
  マッキーのマジックぐらいまで
  自由自在。

 ・染めたい部分・線の明るさも
  自由自在

 〇髪の根本が伸びてきても
  気になりづらい。

 〇ヘアスタイルに立体感が出る。

 〇カラーを塗る部分が限られるので
  髪のダメージは少なめ。

 〇全体を染めたところにも
  立体感を出すためや
  デザイン性を高めるためにできる。

 ×この方法だけでは白髪は染められない


⑦ピンポイントグレイカラーハーフ

 ・全体は明るくをしたいけど
  しっかり白髪はカバーしたいときに
  頭の表面の白髪の部分だけをめがけて
  濃いめのカラーを塗って
  カラーリングもしくはオーガニックカラーに
  プラスするメニュー

 〇明るい白髪染ができる
 
 〇白髪だけ淡い色にならない。
 
 ×普段より時間がかかる

  
⑧ピンポイントグレイカラーフルヘッド

 ・全体は明るくをしたいけど
  しっかり白髪はカバーしたいときに
  頭全体の白髪の部分だけをめがけて
  濃いめのカラーを塗って
  カラーリングもしくはオーガニックカラーに
  プラスするメニュー

 〇明るい白髪染ができる

 〇白髪だけ淡い色にならない。
 
 ×普段の時間より多くがかかる
 


⑨ポイントグレイカラー

 ・顔回りと分け目。つむじ回りの
  気になるところだけ染めて
  ダメージはおさえつつ、
  身だしなみは整えられるメニュー

 〇根元の白髪がすぐに気になって
  染める周期は短めにしたいけど
  ダメージは最小限にという方におすすめ。

 ×髪の表面しか染まってない。


それぞれカラーの説明と
良いところ悪いところ書きましたが


これを見て

どのカラーにするか
決めてからいらしてください。

というわけではなく、

「ここのお店には

こういうのがあるのね

じゃあ、ちょっと行ってみようかな。」

とか

「こんな感じのヘアスタイルに

したいんだけど

ちょっと問い合わせて

私にもできるか聞いてみよう。」


程度の参考にしていただければと思ってます。


何をされるのかわからないという
あなたの不安が少しでも解消されれば

良いかなと思っています。



< なんでもっと早く教えてくれなかったの?って言われてしまいました。  |  一覧へ戻る  |  傷んだ髪は元には戻らない。 >