HOME > Staff Blog > アーカイブ > 自宅ケア: 2017年1月

Staff Blog 自宅ケア: 2017年1月

お客様にしかできない、パーマがきれいにかかる方法





今回紹介するパーマも

ヘアカラーの時と同様で

「シンプルにケアした髪」に
パーマをかけようとした時と


「ツルツル成分の残るシャンプーを使っている髪」に
パーマをかけようとしたとき、


「シンプルにケアをした髪」に
パーマをかける方が

確実にダメージを減らすことができます。

では、なぜか?


パーマの薬をつけるあたりから

実況つきで!
違いを見ていきましょう。


まずは先にツルツル成分に

包まれている髪に

パーマをかけていく方から

見ていきましょう。


ツルツル成分に包まれている髪では


パーマをかけるための薬が

どうやら、
ツルツル成分によって

髪の中まで非常に入りづらそうですねぇ。

やはり、髪の中に薬が入りづらいからか、

きちんと薬が働けていないみたいですねぇ~。


パーマの薬がきちんと働けないため、

なかなかパーマがかからないみたいですよ。


なかなかパーマがかからないからか?

非常に時間もかかってますねぇ。

非常に時間もかかっても
なかなかパーマがかからない。

さぁ、どうする。


あ~!最終手段!!


パーマの薬を強くしてるみたいです。


ふ~。

やっとパーマがかかったみたいです。

一時はどうなることかと思いました。


あれっ!
見てください。


なんだか毛先ばっかり

クルクルしていますね~( ̄▽ ̄)

どうやら毛先が傷んでて
ツルツル成分が毛先には少なかったせいで

パーマの薬が効きすぎてしまったみたいですね。


あれは間違いなく傷みましたね!(´・ω・`)


そうしましたら、気分を変えて

ツルツル成分がない髪のほうはどうでしょう?

ツルツル成分のない髪では

薬が髪に順調にしみ込んでいます。


おやっ!
もうパーマがかかったみたいですよ!

ものの5分しかたってないんじゃないですか?

それもずいぶんと弱い薬を使ったみたいです。

あ~キレイにかかってます。

柔らかそうなカールさわってみたくなりますね。



ね(^_-)!


結果は明らかでしたねぇ~。

ツルツル成分のないほうの髪の毛は

傷みも少なく、

まだまだこれからも

パーマを何度もかけられそうですねぇ。

でも、もしかすると

あれだけ傷みが少なく仕上がると

パーマの持ちも良くて

当分パーマをかけなくて

いいかもしれませんよ。

それに比べ

ツルツル成分が入っているシャンプーを
使っている方の髪の毛は

見るからに傷んでますね~。


もしかすると

次は担当の美容師さんも
傷んでるということで

パーマをお断りするかもしれませんよ。


あのパーマの様子だと

毛先のパーマだけがいつまでも残って

途中はすぐにストレートに戻っちゃう

一番やっかいなパターンかもしれませんね。


もったいなかったですね~。

最初は2人とも同じくらい

きれいな髪の毛だったのにぃ(T_T)


シャンプーの差が

ここまではっきりと出てしまうとは。

ね(^_-)-☆


あなたの髪

良くしたいなら

まず、
シャンプー変えちゃいましょ。

あなたの髪をシンプルにケアすると

~~あなたの髪をシンプルにケアをしていくと~~

イメージしてください。


現在、あなたは
美容室でヘアカラーをしています。


ちょうど担当の美容師さんが

あなたの髪の色をチェックして、

「もうちょっと時間おきますね。」

と言って

またどっかに消えていきました。


あなたは

「はい。」と返事はしたものの、
まわりを見回すと

となりで同じくらいに

カラーを塗り始めたお客さんより

あきらかに私のほうが時間がかかってるな。

それも今回だけじゃなく


毎回。


思い当たるあなた、

ひとまず、

私が前回、ブログで紹介した、

「病気に負けない丈夫な体を作る(髪の毛.ver)]

シンプル・ケアを

あなたが実践してみたことにしましょう。

すると間違いなく、

シンプル・ケアを始める前と

始めた後では

いつもよりサロンでのカラーの時間が

短く終わった気がすると思います。

なぜなら、

あなたの希望した色に

担当の美容師さんも狙った色に


あなたの髪がいつもよりも早く

キレイに染まってているので


無駄な時間をかけなくて済み、

ダメージも少なく

ヘアカラーを終えることができるからです。



そうすると今回は

今までよりダメージを少なく

ヘアカラーができます。


今回同様に次回も

以前よりダメージを少なく


ヘアカラーをすることができます。



このようにシンプルにケアをされた髪は

ヘアカラーを繰り返しても


毛先の方のカラーの明るい所も

変に金髪みたいになりづらくなってきて、


さらに、

毛先の明るさが気にならないなら

根本の黒いところだけ

他と色を合わせて

ヘアカラーをしておけば



毛先にカラーを塗らないので

さらなる毛先の傷みを

減らすことができ、



そしてすべての積み重ねが、

髪のダメージの予防に

つながっていきます。


そうすると、

周りの人に

「なんか最近すごく髪がきれいだね。

どうしたの?」

なんて褒められるかも。


そしたら、言ってください

「シャンプー変えただけ。」って。

さっそく、おうちのシャンプーを

見直してみましょうか。


1

メインページ | アーカイブ | 自宅ケア: 2017年4月 »