HOME > Staff Blog > アーカイブ > 復元ドライヤー: 2017年2月

Staff Blog 復元ドライヤー: 2017年2月

非常にイヤらしい話。

今日は非常にイヤらしい話をします。


違います。

残念ながら、エッチな話ではありません。


KIMIDORIで

復元ドライヤーを使用し始めて半年がたちまして、

最近では復元ドライヤーを使っていても
最初の頃のような感動がうすまり

日常の一つになりつつあるこのドライヤーを


今のうちにブログにしておかないと

はじめの頃の感動を本当に忘れてしまうと思いまして、

記録しておくためのブログを書くことにしました。


なので、今回は復元ドライヤーのことしか
書きません。


読みますか?
良いですか?


では、いきますよ。


去年の春頃から

KIMIDORIでも

最近のドライヤーはずいぶん性能が
良くなってきているらしい。

という情報は入ってきていまして、


なんだか乾かすだけで

髪が良くなるドライヤーというのが
1機種だけじゃなく

2~3社から出てきているらしいと。


しかし、私はそこまでの新し物好きではないので

ひとまずは情報収集だけをしておりました。


夏ごろでしたか、

いつもの美容室専用の材料屋さんから

1つ復元ドライヤーではない

ニュータイプのドライヤーを

お借りすることができ、使ってみたのですが、


"う~ん"

残念ながら思ったほどの感動もなく、

"やはりこの程度か。

やっぱりドライヤーって髪を乾かすものだよね。

髪を良くするってのはムリだな。


この髪が良くなるドライヤーブームも

もうじき終わるな。"


なんて知ったかぶりをして、

そのときはそのドライヤーの購入には至りませんでした。


それからほんの一週間後くらいに

復元ドライヤーの営業の方が
飛び込みでいらして、

「お試ししませんか?」と。

私は先日のドライヤーの印象が

あまり良くなかったので、

"私のジャッジはちょっと厳しいですよ。"

なんて思いながら
復元ドライヤーを試させてもらいました。


「ん!?」

風が熱くない!

こんなんでこのドライヤー、髪乾かす気あんの!?


真夏の扇風機のほうが熱い風出すんじゃね?


すみません。
盛りました。

でもそのくらい風がぬるかったんです。

で、
「でも、この風の熱さじゃ

髪がいつまでも乾かないでしょ。」

と、復元ドライヤーの営業の方に
質問をしましたら

「特殊な乾かす方法になっているので、

熱くない分、頭に近づけられるので、

従来のドライヤーと変わらないくらいか

もしくはもう少し早く、乾かすことが出来ます。」


と顔が"勝利宣言"したまま教えてくださいました。

さらに、

「このドライヤーには

小顔効果もございます。」



???

「またぁ。」

"だったらこの長い顔

どこまで縮められるかやってもらおうじゃないの"

なんて思いながらも、

しっかり椅子に座って

説明を聞きながら復元ドライヤーを

顔にあててもらいました。


「!?!?!?!?」


アゴがシュッとしてるんですね。

びっくりしました。

すぐに

「ください。」

って言ってました。


美容師歴二十数年、
ドライヤーが初めて進化したと思いました。


ちょっと前に流行った

マイナスイオンがでるドライヤーも

進化したのかもしれませんが、

私にとっては


水の中の生物が
水の中の生物に進化しただけで、

陸からは確認しづらい進化。

そういった程度の印象でしたが


今回ドライヤーの進化は

水の中の生物が

陸上で生きていけるようになった

くらいの進化だと思います。



ここまで復元ドライヤーに出会ったときは

感動したのに


慣れとは恐ろしいもので


最近ではこの復元ドライヤーの性能に
なれきってしまい、

はじめの頃のような感動も確実にうすれ、

お客様にどうやって感動を伝えていたかも

忘れかけ始めていたので


半分は自分のために
今回、このブログに記録として残しておくことにしました。


余談ですが、

私、他人に物事を強くお勧めされると、
断りづらくなってしまうので、

あまり好きではないんです。
それと逆に

自分から他人に物事をおすすめして

気に入ってもらえないのも寂しいので

あまり人におすすめすることはないのですが、


このドライヤーだけは

本当に自信をもっておすすめできると思ったので、


ほかで美容室をしている知人2人に、

このドライヤーの話をしまして、

復元ドライヤーの営業の方を紹介しました。


もちろん、2人とも気に入って
使ってくれています。

1

« 復元ドライヤー: 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 復元ドライヤー: 2017年3月 »