HOME > Staff Blog > アーカイブ > シンプル・ケア: 2017年2月

Staff Blog シンプル・ケア: 2017年2月

自己ベスト



質問:

あなたが思う健康な髪って

どんな感じですか?











シャンプーのCMに出てくる

モデルさんがくるっと回って

そのあとを髪がフワッてくるような

サラサラの髪?


あんな感じ良いですよね~。






私もあんな感じにできるのなら

みなさんをしてあげたい。





あれはね~

正直言ってムリですね~。







ごく限られた人が持つ

特別な才能だと思ってください。





そうですね、

例えば、

オリンピックの100mで

9秒台を目指すような人みたいな。

ね。








あなたも学生時代100m走を

体育でしたことがあると思いますが、

9秒台目指しましたか?



目指さないですよね。





どちらかというと

前の年の自分より

早く走れれば良いかなくらいを

目指していましたよね。



髪の健康でも

そのくらいを

目指してみましょうか。



髪の毛のコンディションの

自己ベスト。




シャンプーのCMで言ってる

これだけでサラサラとか、



あなたの髪も

2週間で見違えるように。




ないでしょうね~。




髪の毛なんて、

生えてきた時が一番健康で

あとは傷むばっかりですから。



髪が傷んでからケアするのでは

完全に手遅れです。



だから、

カラーをしても

パーマをしても


なるべく痛ませないように

大事に大事に育てていきましょうなんです。





そうして大事に大事に育てていけば

その後はケアのやり方は変えずに

いつまでも良い状態がつづくから。




なので、

一度

自己ベストを出してしまえば

後はず~と自己ベストタイをキープできるんです。
(よっぽど傷むようなことをしなければ)



すみませんスポーツ用語ばかりで。



別の言い方をすると


一度、髪を良い状態にしてしまえば

ケアのやり方を変えなければ

ずっと良い状態が続きますよ。


ケアのやり方も難しいことはありませんし。



なので、

ぜひ、はじめましょう。


まだ間に合います。

目指しましょう



「自分史上、一番健康な髪」
 

髪のダメージを予防する?続き



髪のダメージを予防する?①のつづき





今のあなたの髪の毛の長さが


肩ぐらいのセミロングで

えり足の髪の毛が鎖骨に届いていて

長さが20cm~25cmぐらいだとすると



あなたはあなたの髪の毛の中で

ここは傷んでて切らないとなぁという長さは

何cmぐらいになると思います?



あまり切りたくない方でも1~2cmぐらいで、

平均するとだいたい3cmぐらいじゃないですか?




これまでもあなたは美容師さんに

「少し傷んでるところ切っていきますね。」

なんて言われて

こまめにカットはしていたんではないですか?


だけど

髪の傷みは減らない。


だとすると、

そろそろやり方を変えないと

これからも今までと変わらず

髪の傷みとずっと付き合うことになりますよ。






それはちょっとイヤですよね。



話をもとに戻すと、

セミロングの髪の毛を

全部新しく入れ替えようとすると

約2年かかることになるんでしたよね。



あなたの髪、

そんなに全部傷んでましたっけ?


確か、傷んでいるのは

毛先のほうの約3cm でしたよね。

でも、いつもはカットしても

少しすると、また髪が傷んでるの繰り返し。


結局、髪が伸びてくる間に

傷んできてしまう。



カットしてもカットしても

また、傷んでる。


じゃあ、

そのサイクルから脱出するには。


その髪のダメージのサイクルを止めるには。


どうしましょう?






いつも毛先は傷んでいたけど、



あなたの髪、

生えてきて1年未満の髪(根元から12cmくらい)って

わりとツヤツヤで傷んでいるのを

あまり見たことなくないですか?





ですよね。


でも、その髪も毛先まで伸びてくるころには

いつも傷んでる。




だとしたら、

根元から12cmくらいのキレイさのまま

あなたの髪を傷めずに

伸ばしていけばよいのでは?

それができないから

いつも髪が傷んだところを

ケアしてたんですよね。




それをこれからは

髪が傷んでからケアするのではなく、

髪の生えてきたところからケアを始めてみる。




【髪のダメージを予防する】


でも、それをコーティングするタイプのトリートメントで

するのは非常にリスクがあると思っていて、



その話は後日改めてしますが、



やはり、髪のダメージを予防するには

予防に適したトリートメントでしたほうが・・・

良さそう。






トリートメントにもそれぞれ

強みや弱みがあるので



髪のダメージ予防に向いているトリートメントで

ケアをしながら

傷んでいない髪を伸ばしていくと、




もともとあまり傷んでいない髪の毛
(根元から約12cmまでの髪の毛)が


さらに1年たつと12cm伸びるので

トータルで約24cmまで伸びますよね。




そうすると、

大体、セミロングの髪の長さだと、

えり足の髪が約20cm~25cmあれば

だいたい鎖骨に届くぐらいの長さになるんでしたよね。


ということは、

えりあしの髪の毛が24cmあれば

ダメージを予防をしながら伸ばして

鎖骨まで届きましたね。



この髪が傷んでなければ

良いんですね。



どうです?


なんかできそうな気がしませんか?




毛先に健康な髪が伸びてきていれば、



もしかすると、

あなたがあきらめていたヘアスタイルが

できるようになるかもしれないですし、



髪を伸ばそうと思っていても

途中でいつも切れてしまって、

伸ばせなかった髪も

伸ばせるようになります。


髪はあまり伸ばす気はないけど

パサパサが気になる。というあなたは


早い段階でケアを始めることで

髪のパサつきも抑えられます。


髪がどんどん落ち着いていきます。




髪のダメージを予防して、

健康な髪を育てる。


是非、あなたも始めてみてください。

髪のダメージを予防する?①


カラーもしたいし、パーマもしたい。

でも、髪は傷ませたくない。

髪はキレイに見せたい。



あなたもそう思いますよね。


全然、アリだと思います。

女性なら当たり前だと思います。



あるお客様が

ヘアカラーは3週間に1度

髪もくせがあってパサパサになりやすい、

でも、どうしても髪をキレイにしたくて、

以前にいろいろなトリートメントを試してみたけど

なかなか結果が出なくて、


1年ほど前に

M3電子トリートメントが

良さそうだからということで、

KIMIDORIにご来店していただき



ヘアカラーは引き続き3週間に1度のペースで

それと一緒にM3電子トリートメントの施術と

真面目にホームケアもしていただいたところ、



職場で周りの人から

「髪、キレイになったんじゃない?」

って言ってもらえるようにまでなったと

喜んで頂きました。




ただ、

この方、ここまで

1年かかりました。




髪を良くするって大変なんです。





ですが、



例えば、

肩ぐらいのセミロングの長さの髪、



傷んだところをどうやってキレイに

見せるか。


ではなく



どうやってダメージのない部分の髪を毛先まで

維持しながら伸ばしていけるか?


を今回は注目していきましょう。



そのうえで

髪が良くなるまでの

1年が長いか短いか

よ~く考えてみてください。



やり方は簡単なので、

大丈夫です。



ではさっそく始めていきますね。







髪の毛って

1か月で約1cm伸びるといわれていますが

知ってました?



ヘアカラーをされている方だと

根元が黒くなってくるので

分かりやすいですよね。



分け目の片側が

1か月で1cm程黒く新しい髪が生えてきます。


なので分け目を鏡で見ると

黒い部分が2cmあるように見えるので、

けっこう伸びた気がしますよね。



ですが、

髪の毛は1年では約12cmぐらいしか伸びません。


近くにものさしとかメジャーがあったら

12cmを見てみてください。

思ったより短くないですか?







今度はそのものさしで


あなたのえり足の髪の長さと

つむじ辺りの髪の長さをはかってみてください。



セミロングの方で

襟足の髪の毛が鎖骨に届くと

20cm~25cmぐらいになると思います。


で、

つむじ辺りの髪の長さが

25cm~30cmくらいじゃないですか?



このセミロングの髪の長さを

すべて新しくキレイな髪の毛にリセットするには


1か月に1cmしか髪が伸びないとなると

スキンヘッドからセミロングまで

約2年以上かかりますよね。



先ほど紹介したお客様、

職場で周りの人から

「髪、キレイになったんじゃない?」

と言われるほどになったあの方は


約1年で髪がキレイになりました。


それはなぜでしょう?





ここからさらに話が長くなるので、

また明日詳しく紹介しますね。

1

« シンプル・ケア: 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | シンプル・ケア: 2017年3月 »