HOME > Staff Blog > アーカイブ > ダメージについて: 2017年1月

Staff Blog ダメージについて: 2017年1月

傷んだ髪は元には戻らない。

「トリートメントって
傷んだ髪に何してんの?」

の話の前に

「傷んだ髪は絶対にもとには戻りません。」

ってどういうこと?

を解決していきますね。

あなたの髪の毛って

美容室で切られても、痛くないですよね。

当たり前です。

でも、


お顔でも体でも
肌って

けがとかで傷つくと痛いですよね。

お肌はけがすると痛いけど、
そのあと

かさぶたになって
傷は治りますね。


ですが、

髪の毛からは

血も出たことはないし

かさぶたもできたことないですね。

となると、

お肌と比べると

髪の毛は

自然に治ったりしてなさそうですね。

さらに

あなたも子供の頃、

夏に日焼けをして皮がむけたこと

あると思います。


日焼けは痛いけど、

皮がむけるのは痛くなかったですよね。

日焼けした肌って

徐々に小麦色から

元の色に戻ります。

それは

日焼けした肌の下の

新しい肌が準備をしていて

徐々に新しい肌に変わって

元の肌の色に
戻っていきますよね。

では、


日焼けした髪はどうでしょう?

髪は日焼けしても痛くはないけど、

ちょっと茶色くなったり
乾燥してパサっとしてきますね。


そのうえほっておくと

いつまでも髪の毛
ちょっと茶色いまま頭の上にいますね。

お肌の日焼けが治っても


まだまだ

髪の毛は茶色いまま

頭の上にいますね。


この日焼けをして

茶色い髪の毛って

いつまで茶色いまま

頭の上にいるんでしょう?

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
それは、

誰かに切ってもらうか

傷んで弱って切れちゃうまで


ずーっと律儀に
頭の上にいます。

そうなんです。

髪の毛は

お肌みたいに
どんどん再生をしていく機能は

持ってないんです。

だから、

「傷んだ髪はもとに戻らない。」

ということなんです。

なので、

髪は傷めないように

大事にしてあげてください。


よろしくお願いします。


つづく

1

メインページ | アーカイブ | ダメージについて: 2017年2月 »