HOME > Staff Blog > アーカイブ > ダメージについて

Staff Blog ダメージについて

髪の毛の中に栄養は通ってませんからっ!


今日は私、非常にがっかりしてます。



うちの妹が美容師の妹として
信じられないようなことを言いだしたんです。



「半年くらい前にパーマをかけたところが

なんか徐々に傷んできた感じがするんだよね。

これって髪の先のほうが傷みすぎて

栄養が届かなくなっちゃったのかな?」って


(⌒-⌒; )


【髪の毛には栄養は通ってませんからっ!」

妹よ
ものすごく大事なのでもう一度言うぞ。

【髪の毛に栄養は通ってませんからっ!】


髪の毛の中を血管の中の血液のように
栄養が通っていたら

いま、こうやって髪をカットしているそばから

栄養ダダ漏れしてしまいますからっ!


会社でも言われちゃうよ。

「毛先からなんか汁っぽいの出てますよ。」って

何年美容師の妹をしているのか。

いくら本業がOLでも、

言い訳にもなりません。

本当に兄はがっかりです。

過保護ケアかも!?



女性にとって髪はとっても大切ですよね(^^)
キレイならキレイなほど気分もあがります。

ですが、最近多いな~と感じるのが
髪のケアを過保護にしすぎている方、です!

ダメージしている髪にケアはしたほうが良いですが
あまり傷んでない方も
髪をトリートメントなどで保護しすぎている気がします(:_;)

よく「触りたくなる髪」という言葉をききますが
過保護な髪はサラサラ・つやつや というより

しっとり・てかてか な雰囲気の髪が多いです。

コーティングが重すぎると
カラーが思った色味になりにくかったり
強いお薬でパーマしないといけなくなってしまったり・・・
するんです!(:_;)

重すぎる髪の方は、オーガニックシャンプーだと
泡立たない方が多いです。

シャンプー後、髪を乾かすときも
なぜか髪だけべたっとしている・・・

トリートメント成分やコーティング剤が
過度に残留してる場合に起こります(>_<)

そんな髪に出会うと

根本から、ふわっ
さらさら~~な髪にしてあげたい・・・

と心から思います(>_<)



アホ毛が出るからと言って
根元にトリートメントをつけるのは絶対やめましょう(>_<)
ぎとぎとの原因になります。

基本的なケアをしっかりするだけで
余分なトリートメントが一つ減るかもしれません!

髪のコンディションを整えて
「触りたくなる髪」
を目指しましょう!!




美容師はあなたの髪を見てますよ

あなたも自分の仕事にかかわる部分が
日常的に気になることってありますよね。



例えば、

あなたが歯に携わるお仕事をされているのであれば、
会話の時に相手の歯が気になるでしょうし、

または
あなたがお洋服に携わるお仕事をしてるのであれば、
街中の人のファッションが気になるでしょう。



なので私も、仕事が髪にたずさわっているばっかりに
非常に気になったことがありまして。


今朝、
いつもより早い時間に電車に乗っていたら、
普段の通勤時間のスカスカの車内とは


比べ物にならないくらいに
電車が混んでまして、


押し込まれて、
正面に立っていた
OLさんの髪の毛が

「えっ!」って

二度見してしまうくらいに


表面から毛先まのほうまで

かわいそうになるくらいに
枝毛がたくさんありまして、


現役美容師の見立てでは


彼女の髪はそこまで傷みやすい


髪質でもなさそうでしたし、
注)触れてはいません。

ヘアカラーもOLさんとして
平均的な明るさだったので


なんだか、すごくもったいなくて。


残念な気持ちになりました。


彼女の髪の枝毛の原因を
見ただけでは判断できないですが、


おせっかいで言わせていただくと


いま行っている美容院を変えたほうが
良いと思います。


たぶん、もっと彼女の髪のことを


真剣に診て、
上手に施術をしてくれる
美容院があるはずなので。


彼女が良い美容師さんに出会えることを


本当に願います。




サーファーの女の子からの質問。



このまえ、サーフィンをするお客様から

「なんで、海はいると髪がバッサバサになって傷むんですか?」


という質問を頂きました。


確かにバッサバサになりますね。


原因はいくつかあると思いますが、



まずは、

あなたもご存知の通り
やっぱり一番は

日焼けだと思います。



これに関しては、

最近

髪の毛用の【日焼け止め】が


数種類販売されていて


サロンで販売をしている

普段使い用のスプレータイプの物や


サーフショップにおいてある

海用でクリームタイプの物も

あるので、


そういったものを使って、

しっかり対策するのが良いと思います。



そうすれば
あなたの髪がヘアカラーをしているなら、

日焼け止めを使うのと使わないのでは

ヘアカラーの色持ちが全然ちがいます。



ぜひ、海に入る前に


髪にも日焼け止めを忘れないでください。


さらに

頭皮の日焼けを防ぐためにも

ゴールデンウィーク頃までには

サーフィン用の帽子も

用意しておくとよいと思います。



こうして、

日焼けから、髪を守ることで


髪のダメージ予防をしていきましょう。

KIMIDORIと髪のダメージの話

~~KIMIDORIと髪のダメージの話~~

KIMIDORIではなぜ

髪を傷まないようにしているのか?


なんで私が

お客様の髪を傷ませないように

こだわってるのか?



なんででしょう?




そ  れ  は、







傷んだ髪が

キライ


だから。



なぜ、キライか?って



そ  れ  は、



カットが好きだから!


傷んでいる髪では

ほとんどの場合、



お客様のやりたいスタイルには

なりません。




それと、

傷んでいる髪のヘアスタイルは

かわいくならないから。


かわいくないヘアスタイルに

カットされても

お客様も全然うれしくないでしょ。


私もうれしくありません。


だから傷んだ髪は

好きではないんです。



なので、

KIMIDORIのお客様には


常にキレイで

お手入れもしやすい

ヘアスタイルでいてほしいと

思っています。




私は

毎日、高温で

コテやアイロンを使わない限り


普段の生活で

髪の毛がうけるダメージは

大したことないと思っていて、




よっぽど、

サロンでのカラー、パーマや縮毛矯正のほうが

ダメージは大きいです。




そういったサロンでの

ダメージをどれだけ少なくできるかが

髪のキレイさを

左右すると思っていて、






なので、

KIMIDORIでは


お客様からのご要望に

すべてお答えするということを

しない場合があります。




理由は単純で




髪のダメージの影響で

希望のヘアスタイルに

ならないから。




と、


今回、希望のヘアスタイルを

ムリして目指しても

そのヘアスタイルに近づくことがないから。




そういった場合は

KIMIDORIでは

今回、ご希望のヘアスタイルに

することはできません。



とお断りさせていただいたうえで、





髪の状態を良く見ながら、

希望のヘアスタイルにするには

途中にこういうヘアスタイルに寄り道しながら

〇か月後にならば可能です。


というお話はさせていただきます。



そういったお話を

納得いただけるのであれば、

ベストはつくします。





なので、

必ず今回はなりたいヘアスタイルがあって、

絶対にならないと困る。



という方には

KIMIDORIは向かないかもしれません。




その代わりなのですが、


昔は髪も明るくしてたし

髪がパッサパサだった時もあったけど


今はちょっと大人になって

最近はきれいな髪で

毎日のお手入れがしやすいほうが良いかな。


って思っているんだったら、



今日の仕事帰り、

まだ、空きがあったかな?


せっかくなので電話してみます?


お待ちしています。

 

傷んだ髪は元には戻らない。

「トリートメントって
傷んだ髪に何してんの?」

の話の前に

「傷んだ髪は絶対にもとには戻りません。」

ってどういうこと?

を解決していきますね。

あなたの髪の毛って

美容室で切られても、痛くないですよね。

当たり前です。

でも、


お顔でも体でも
肌って

けがとかで傷つくと痛いですよね。

お肌はけがすると痛いけど、
そのあと

かさぶたになって
傷は治りますね。


ですが、

髪の毛からは

血も出たことはないし

かさぶたもできたことないですね。

となると、

お肌と比べると

髪の毛は

自然に治ったりしてなさそうですね。

さらに

あなたも子供の頃、

夏に日焼けをして皮がむけたこと

あると思います。


日焼けは痛いけど、

皮がむけるのは痛くなかったですよね。

日焼けした肌って

徐々に小麦色から

元の色に戻ります。

それは

日焼けした肌の下の

新しい肌が準備をしていて

徐々に新しい肌に変わって

元の肌の色に
戻っていきますよね。

では、


日焼けした髪はどうでしょう?

髪は日焼けしても痛くはないけど、

ちょっと茶色くなったり
乾燥してパサっとしてきますね。


そのうえほっておくと

いつまでも髪の毛
ちょっと茶色いまま頭の上にいますね。

お肌の日焼けが治っても


まだまだ

髪の毛は茶色いまま

頭の上にいますね。


この日焼けをして

茶色い髪の毛って

いつまで茶色いまま

頭の上にいるんでしょう?

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
それは、

誰かに切ってもらうか

傷んで弱って切れちゃうまで


ずーっと律儀に
頭の上にいます。

そうなんです。

髪の毛は

お肌みたいに
どんどん再生をしていく機能は

持ってないんです。

だから、

「傷んだ髪はもとに戻らない。」

ということなんです。

なので、

髪は傷めないように

大事にしてあげてください。


よろしくお願いします。


つづく

1

« シンプル・ケア | メインページ | アーカイブ | ヘアドネーション »